パーソナライズド検索

ユーザ一個々に最適な検索結果を表示するパーソナライズド検索が普及すると、ユーザーが「アップル」と検索した時に、それがiPodのアップルを指しているのか、それとも果物のアップルを指しているかを検索エンジンが推定できるようになります。複数の意味を持つ単ワードのトピックがあらかじめ判定されると、検索結果に表示されるウェブページもそれに合致するものに限定されるよ うになります。つまり、ウェブページのコンテンツ全体として、それが何のトピックについて記述されているかをわかりやすく伝達できる設計を構築しておくことで、今後検索技術が進化しても適切な キーワードで情報をユーザーに伝えられるようになります。