サイトアーキテクチャ

トピックはページ単位に限らず、ディレクトリー単位、 ドメ インの単位でも考える必要があります。そこで、 SEO対策の視点から考えるサイトアーキテクチャとトピ ックの考え方について説明します。
サイトトピ ックとは、個々のウェブページには必ずある1つのトピックが含まれているはずであり、さらに複数のファイルをまとめるディレクトリ ーやウェブサイトも必ずその集 合が1つのトピックを持っているはずだという前提にたって考案されたアルゴリズムです。検索エンジンは、個々のページが何の事柄について記述されているかを把握するために、ページ上のテキストやリンク情報を解析していきます。同時に、ページ同士のリンクのつながりをみながら、ディレク トリー単位やサイト単位でもトピックの解析をおこ ないます。あるドメインの配下にあるページの集合や、ディレク トリー でまとめ られたページの集合はそれぞれ、共通の トピック を持っているからこそ一緒にまとめられているはずであると推定 しページ同士を結んでいるリンク構造を解析 して トピックを探 ろうとします。
ページ単位、ディレクトリー単位、 ドメイン単位でトピックを割り当てるのですが、単に トピックを割り当てるのではなくて、そのトピックに対してどの程度の情報量や専門性の深 さを持っているかを解析します。これは、同じ トピ ックについて説明していても、より専門性が高いものやより情報量が多いものの方が検索ユーザー にとってより 価値があるかもしれない、と いう前提に基づくものです。
キーワードと関連性がより高いページが上位にきます。
では、このようにトピックを割り当てた上で、ウェブ検索エンジンはこのデータをどのように活用して検索結果の精度向上に活かしているのでしょうか。